• トップ
  • 顕彰活動
  • 「喫茶古」(きっさこ)が「城雲院」(相良知安墓所)にて、H31年3月に開催され、相良知安資料・パネルの展示・解説がありました。

「喫茶古」(きっさこ)が「城雲院」(相良知安墓所)にて、H31年3月に開催され、相良知安資料・パネルの展示・解説がありました。

 「喫茶古」(きっさこ)とは、仏教の禅の言葉で、御茶を飲みながら楽しく語り合うとの意味です。

  佐賀藩医相良知安の墓所である「城雲院」(佐賀市唐人2丁目)にて、「第3回喫茶古」(平成31年3月2日~3日)が開催され、「城雲院」が所蔵する寺宝の「涅槃図」・「誕生図」や書家の洪浩然の書、書家の中林悟竹の書・画を展示し、一般公開されました。

同時に相良知安の資料・パネルの展示と解説を、筆者が行いましたので、報告します。

 まず「城雲院」を紹介します。禅宗の「曹洞宗」(開祖は道元禅師)であり、曹洞宗由緒によれば、嘉永六(1629)年に建立されました。また鍋島藩とは因縁深い寺院です。現住職は24代目です。

門前には、昭和41年に佐賀市にて開催された「第66回九州医師会医学会」の記念事業として、佐賀県医師会により「相良知安先生墓所」の石柱と、「相良知安略歴」の案内板が設置されています。

                                 ※「城雲院」正門(佐賀市唐人2丁目)

 

  ※「城雲院」門前の「相良知安先生墓所」石碑と「相良知安略歴」案内板

 

    ※「第3回喫茶古」(城雲院)での「相良知安」展示コーナー

 「喫茶古」は、今年で3年目を迎えて最高の訪問客となりました。檀家様・信徒様ばかりで無く、校区民や県内・県外の皆様が見学に来て頂きました。開催前には、地元の佐賀新聞誌上で、告知板に開催案内文が掲載されたのも、訪問客の見学に効果的でした。佐賀市では、「さが城下ひなまつり」行事が、市内一円で開催されていますので、「喫茶古」も協賛されて展示・公開されました。

 筆者は、住職様の依頼により初回より、「相良知安」資料展示の解説を喜んで行いました。下記の画像の通りパネルや展示資料を掲示し、訪問客の皆様へ丁寧に、相良知安の人物像、略歴、功績などを解説しました。嬉しいのは皆様から質問を頂けるので、皆様の反応が直に判るのです。リピーターも多く訪問され嬉しい限りで、盛会となった展示でした。

「喫茶古」の開催は、住職のお考えで3回目の今年で、一応最後となります。また数年後に再開したいとの意向です。

       ※「相良知安」展示の解説をする筆者

   ※相良知安墓所(城雲院) 「喫茶古」開催中は、目印として旗を掲げました。

 

 

Copyright (C)Sample Inc. All Right reserved.