相良知安切手の紹介

 「第28回日本医学会総会」の記念事業として限定頒布された、記念切手「日本医学の先人達」を紹介・公開します。

「第28回日本医学会総会 2011東京」 いのちと地球の未来をひらく医学・医療―理解・信頼そして発展―(日本医学会主催)が、平成23年4月に東京都で開催される予定が、3月11日に発生した「東日本大震災」の影響により、やむなく開催形態が大幅に変更となり開催されました。
今総会の記念事業の一環として、「日本医学の先人達」の記念切手が発行・頒布されました。記念切手は、「第28回日本医学会総会」の事前登録会員への限定頒布であり、一般には頒布・購入はできませんのでご承知ください。
日本医学史上に顕著な業績を残した8名の医学者が採択され、記念切手として発行・頒布されました。この8名の中に、我が国へドイツ医学導入に尽力した佐賀藩医「相良知安」が選定されました。「相良知安」が記念切手として顕彰されますのは初めてであり、子孫として無上の喜びであります。
「第28回日本医学会総会」ご当局へ厚く御礼申し上げます。
この慶事を「相良知安HP」へ掲載し広く紹介・公開します。
最後にこの度の記念切手を、「相良知安HP」への掲載許可を頂きました「第28回日本医学会総会」及び同事務局へ、感謝の意を表します。(相良隆弘)


 

Copyright (C)Sample Inc. All Right reserved.