佐賀県「伊東玄朴・相良知安顕彰奨励賞」制定の紹介

 

【佐賀県「伊東玄朴・相良知安顕彰奨励賞」制定について】

 

佐賀県と東京大学大学院医学系研究科は、日本の近代医学の基礎を築いた佐賀藩出身の「伊東玄朴」及び「相良知安」の歴史的な偉業を顕彰するための協定を、平成24418日に締結しました。

この協定に基づき、佐賀県は、東京大学医学部を卒業した医師で、「伊東玄朴」及び「相良知安」の後継者としての自覚を持ち、将来の日本の医学の発展に貢献すべく海外留学を実施する者の中から、東京大学大学院医学系研究科からの推薦を経て選考した者に対し、佐賀県「伊東玄朴・相良知安顕彰奨励賞」を授与し、平成25年度に留学奨励金を交付することとしました。

なお、留学奨励金は、佐賀県議会の議決を経ることを条件として交付することとしています。

この度、佐賀県庁(健康福祉本部医務課)により、佐賀藩出身の蘭方医「伊東玄朴」と「相良知安」の偉業を顕彰するため、顕彰奨励賞を制定して頂きました。

子孫として、古川康佐賀県知事のご尽力に感謝いたします。

 →佐賀県庁ホームページ〉くらしと教育〉健康・医療〉地域医療〉へ

  

   

        【伊東玄朴】        【帯刀した相良知安(慶応年間の長崎留学時代)

 

 

 

Copyright (C)Sample Inc. All Right reserved.